2017年10月13日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その285


見知らぬ国のスリッパさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)魔法の妖精がはくスリッパのことですね。




Q: 駄菓子はあんなに素敵なのに、なぜ "駄" と罵られているのでしょうか。見解が聞きたいです。


駄菓子、いいですね。僕も昔から駄菓子にはなみなみならぬシンパシーを抱いています。時代の流れなどおかまいなしに、何年たとうが立ち寄れば変わらぬ調子でいつもここにあるこのブログも、言ってみれば駄菓子みたいなものです。どうか生産中止になりませんようにとつい願ってしまうあたりも含めて、他人事ではありません。

それはさておき、日本が世界に誇る漢字の聖典「字統」には「駄」という文字についてこうあります。


「馬の負ふ皃(かたち)なり」、つまり馬に荷を載せて運ぶことを意味するわけですね。なぜこの字が取るに足らないものを意味する接頭辞になるのかというと、かつて荷を運ぶ馬は人を乗せるのに適さないと見なされていたからです。ではなぜ荷を運び、人を乗せない馬をワンランク下に位置づけなければならないのか?

これはもうきっぱり断言してよいとおもいますが、明確な根拠はどこにもありません。しいて言えば荷物よりも人のほうがえらいという身勝手極まりない印象が前提になっています。はっきりと荷物がそう認めたならともかく、人がなんとなくそうおもって一方的に結論づけているだけです。荷物の立場はあくまで従属的なものであって、人の上に立つものではない、したがって駄載する馬の価値もまたそれに準ずるものである、と主張したいわけですね。

しかしもちろん、人よりも荷物のほうがえらかった場合、ワンランク下げられるのは人が乗る馬のほうになります。そして実際のところ、人よりも荷物のほうがえらくて困る理由などどこにもありはしません。おもしろくないと人がふてくされるだけです。

してみると「駄」という字から感じられる残念な印象とは、その程度の理由で貼られたレッテルにすぎません。むしろそんなレッテルを貼らなければ人としてのプライドを維持できないあたり、却って馬脚をあらわしていると言うこともできそうです。本当は人よりも立派で、何ならよっぽど高貴かもしれない荷物、ひいては「駄」の字を貶めることで、どうにかこうにか面目を保っているわけだから、人間とはかくも気の毒な生き物であると嘆ずるほかありますまい。

駄菓子の話に戻りましょう。この考え方に立ってみれば駄菓子とは、軽んじられているどころか「とても立派な、何なら人よりもえらい菓子である」と解釈することができます。嘆くどころか、胸を張るべきです。

もちろん僕も、この解釈を支持します。なんとなればその当然の帰結として、駄菓子みたいなものであるこのブログもまた、とても立派なブログであるということになるからです。そうじゃないかとうすうすおもってはいたけれど、図らずもそれを証明できて目頭が熱くなりました。


A: ムール貝博士言行録はとても立派なブログです。


溜飲は下がりましたか?




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その286につづく!

2017年10月10日火曜日

Mouthfeel of R Vol.10@前橋のお知らせ


あんまりうれしかったので帰り道でもう呟かずにはいられなかったのだけれど、改めてそのよろこびをここにしたためておくと、先日の上野でルパート王子の涙をいただいたのです。


「大学でつくってみたんです」とたしか仰っていましたが、いやまったく、こんな贈り物をいただける日がくるとは夢にもおもいませなんだ。これと言って告知らしい告知もなく、明けても暮れても不毛な与太話を垂れ流すばかりで何のためにあるんだかも判然としないブログでも、つづけてきた甲斐があったというものです。そう遠くない将来、じぶんの亡骸と一緒に埋葬してもらいます。ホントにありがとう!

とまあそんなわけで過日はまさか帰ってくるとはおもわなかったウエノポエトリカンジャム5にちょこっとお邪魔してまいりました。流れ星のように現れて脱兎のごとく逃げ帰る、ほとんど誰の記憶にものこらないような刹那のアクトはさておき、イコマくん、悠莉さん、いんこさん、ありがとう!



そして11月は……なんだいっちょまえにちょいちょいライブしてるみたいな顔しやがってとかそんなつれないことを言ってはいけません。数年に一度くらいはこんなこともあります。毎日通っている道でもつまずいてよろけることがあるのと同じです。

気を取り直して11月最初の土曜、3連休の中日は群馬、前橋に参ります。美術館に隣接するコーヒーショップだそうです。あら〜。

しかし僕なんか呼んでお客さんが来なかったらどうするのですかとも言えず、今からショップのお客さま方が「あれ誰?」とささやき合う気まずい空気のなかでさも何でもないことのようにふてぶてしく乗り切るイメージトレーニングに余念がありません。お誘い合わせておいでませ。


Mouthfeel of R Vol.10 feat. 小林大吾

会場:ROBSON COFFEE アーツ前橋店( 群馬県前橋市千代田町5-1-16 )
時間:2017年11月4日(土)19:00〜23:00
出演:小林大吾、荒井靖久(MONDO BONGO / GOOD LIFE CAFE)、デニロウ(PHAT)、OKANIWA、hanzo
前売り料金:2000円(ワンドリンク付き)
当日2300円(前売りが規定枚数に達した場合、当日券の販売が無い場合がございます)

チケットはこちら!
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012skxz5nnzh.html

*会場に直接ご連絡頂いても対応できません。お問い合わせは必ず右記メールアドレスまでお願いいたします。

美術館・アーツ前橋に隣接するコーヒーショップ・ROBSON COFFEEを会場に開催しております【 Mouthfeel of R 】もおかげさまで3年目10回目を迎えます。

一年に一度だけスペシャルなゲストをお招きして開催していますが、Akiko Kiyamaさん、三角みづ紀さん&井谷享志さんに続き今回は 小林大吾さん にご登場いただきます!

また多彩なDJ陣が、クラブでもライブハウスでもないコーヒーショップならではのゆったりとした雰囲気を演出します。

美味しいコーヒーを片手に(もちろんアルコールも!)素敵な音と言葉に耳を傾けながらまたとない一夜をお過ごしください。



2017年9月24日日曜日

ほとぼり冷めてふりかえるSoloSoloSolo TOURのこと


1日に数本というおじいちゃんみたいな嗜好から一時的とはいえヘビースモーカー並みに跳ね上がった煙草の数が、ようやくまた数本に戻りつつあります。僕にとっては台風といっしょにニコチンが上陸したようなものです。世界との交流が希薄なせいか人と会うと若干増える傾向があるんだけど(だから数本と言っても誰も信じない)、こんなに増えたのはここ数年ちょっと記憶にありません。

カズタケさんや純平さんはまた新たな音楽の日々に歩みを進めているとおもいますが、僕としてはほとんど事件みたいな3日間だったので、せっかくだからここに書き留めておきましょう。


全国各地で不要不急の外出を控えるような大荒れの天候をものともせずにご来場くださったみなさま、あらためて本当にありがとう!草葉の影でどんぐりを齧りながら息をひそめて暮らしている僕にしてみれば、まさしく冥土の土産にふさわしい3日間でありました。ライブをするというだけでもちょっとした事件なのに、ツアーなんだから死人が出てもおかしくありません。誰が死ぬかといったらそれはもちろん僕ですが、死ななくてよかったです。

ラテアートみたいな餃子

何がいちばんうれしかったと言って、カズタケさんがド級のファンクネスをぶちこんで超絶ヒップに仕上げた Four Tops"Ain't No Woman Like The One I've Got" (長いな)、純平さんが朗々と歌い上げる Sade"Kiss Of Life"、そしておふたりが息を合わせてぐんぐんとうねる Stylistics"Betcha By Golly Wow" ……と僕が心底愛する音楽しかそこになかったことです。リーディングをする上で、そしてそのビートをつくる上で、どうせなら大好きなブラックミュージックとお近づきになりたいと当初から抱いていた夢想をこれ以上パーフェクトに満たしてくれる環境がかつてあったろうか……というくらい、それはそれは幸せな時間でした。


そしてもちろん、僕をご存知で、僕に会いにきてくれた人がいたこと。僕にとってこれはやっぱり、今も奇跡的なよろこびのひとつです。東京や広島から駆けつけてくれたり、数年ぶりの再会を果たしたり、そういえば大分から来てくれた彼はぶじ帰ることができたんだろうか……。いつも遠距離でごめんね。声をかけるのだって勇気がいるとおもうけど、みんなとお話できて本当にうれしかった。


あとつよく印象にのこっているのは "Hot Water Pressure Washer" の大合唱です。「ダイヤモンド鉱」というよりは、カズタケさんのリメイクですね。僕もいっしょになって、それこそその場にいるみんなで歌いまくっていたけれど、冷静に考えると「温水高圧洗浄機」なんだからまったく、まさかこんな日がくることになるとは、ひとりでこつこつダイヤモンド鉱を書いていたころには想像もしてませなんだ。いい曲なのに、へんな歌ですよ、ほんとに。

メイドさんと交流をはかる純平さん

カズタケさんとのセッションはキーボードのみのストイックな「処方箋」、オリジナルとは打って変わってファニーにスウィングする「真珠貝亭の潜水夫たち」の2曲だったのだけれど、とくに後者はなんかもう表面張力ギリギリのやつら感が倍増して個人的にお気に入りです。楽しんでもらえたことを祈りつつ。


南船場GOOD THINGも、守山MADANISも、そして池下GURU×GURUも、それぞれすてきな雰囲気にあふれていて掛け値なしに最高の、というか端的に言ってメチャ好きです、あのかんじ。こんなとこ見ないとおもうけど、心からありがとうございました!


さて次は、とここで言えれば申し分ないのですが、このブログにかぎってそんなのはもちろんありません。いえ、厳密に言うと来月にいったい何年ぶりになるのかウエノポエトリカンジャム、ともうひとつ11月にライブをするはずですが、それはまた追々、思い出したようにぽつりと貼り出しましょう。

しかしライブをしないと1週間がすぎてもこうしてのったり振り返ることができていいですね。(しみじみ)


2017年8月15日火曜日

小数点に咲く花の見本帳別冊、ふたたび


両手ではとても足りないくらい多くの人をうまいこと丸めこんだ鶏肋印が呼ばれてないのに帰ってきた!驚異のKYシステム採用で利便性をまるっと削減!しまいには御大タケウチカズタケに「スタンプばっかりつくってないで」とさりげなく釘を刺されて震え上がりつつ、目をみはるほどグレードアップした鶏肋印の続編がお目見えです。

TRINCH presents 「鶏肋印 弐」
https://line.me/S/sticker/1531493


メイン画像も鶏肋印の名にふさわしくヒヨコのハリーが担っています。前回同様、登録したキャラクターカテゴリはウサギですが、そんなのはまったく些細なことです。


もちろん今回もわかる人にはわかるスピンオフ要素をぶちこんであります。



また、さりげないのでともすると見落とされてしまいそうですが




ここに描かれているシャンプーは安田タイル工業が社運を天に任せて開発した世界初の液状タイルです。



知らない人にとっては液状タイルどころかまず安田タイル工業から説明しなくてはならないあたり、あれこれ絡まり合って非常にめんどくさいスピンオフですが、もちろん品質には問題ありません。

それから前回は、それぞれ独立したスタンプでありながら並べるとなんとなくストーリー性の浮かび上がるものがあったのだけれど



鶏肋印<弐>にはこのつづきがさらに数点、収められています。

そのうちのひとつ

連れ去られたウサギが果たしてどこへ行くのか、つづきは鶏肋印<弐>で!

まさかスタンプ内でちょっとしたお話が進行するとはまったく、想像もしてませなんだ。

2017年8月7日月曜日

Solo Solo Solo TOUR 2017 Autumn のお知らせ


えーと、何しろ2ヶ月くらい前にこしらえたもんだからどこへやったものやら、ホントにねえ、つくったその日にちゃっちゃとやってしまえばよいものを、いつものように何となくうっちゃっておくからあとになって困ることになる、とわかっているはずなのにこりずにまたこの体たらくでつくづくじぶんに愛想が尽きますわねえ、あったあった、これだ!


折にふれては「詩人です」と方々で自己紹介をしてきたつもりですが、「ほう、すると普段はどんな活動を?」と二の矢を放たれれば「いえあの、とくに活動はしてないのですが」と言いよどむほかない、とりわけ今年はなぜ詩人を名乗っているのだったかすらおぼろげで最後にそれらしいことをしたのは果たしていつのことだったか、ともあれ9月はタケウチカズタケ+椎名純平ご両人によるsolosoloツアーにしれっと同行して、西へまいります。

あの、なんか……すみません。(いろいろな感情が入り交じった一言)


椎名純平 × タケウチカズタケ × 小林大吾
Solo Solo Solo TOUR 2017 autumn

椎名純平(Dezille Brothers)とタケウチカズタケ(A Hundred Birds/ SUIKA)、キーボードその他諸々を駆使した、SOUL/HIPHOPを飲み込んだそれぞれ独特のソロパフォーマンスをメインにした「Solo Solo TOUR」に唯一無二の詩人・トラックメーカーの小林大吾が加わる「Solo Solo Solo TOUR」が開催される!椎名純平の歌声、タケウチカズタケの唸りを上げる鍵盤、加えて、小林大吾の詩の世界、トークも含めて、たっぷりお楽しみ頂けます!

9/16大阪南船場 The Good Thing
前売 3000円 当日 3500円 ※1D付きます
OPEN 18:30 START 19:30


9/17 日曜 滋賀守山 MADANIS 
前売 1500円
※詳細は追って

9/18 月祝 名古屋池下 GURU×GURU 
前売 3000円 当日 3500円
※入場時、別途1ドリンクオーダー必要
OPEN 18:30 START 19:30



と、ここまで書いてそういえば完全にお知らせし忘れていたことに気づきましたが、今年の春ごろ完成しておそらくすでに多くの人の手に渡っている純平さんのアルバム「for you」のアルバムアートワークを、今回も僕が全面的に請け負っております。なんで忘れてたんだろう……。

た……たしかこれだったはず……


というわけでライブ会場でしか手に入らない珠玉のアルバム「for you」を手に入れる絶好の機会です。どうかどうか、会場で「あれ?いつもより一人多くね?」「誰あれ?」「ザワ……ザワ……」みたいな雰囲気に気圧されていたたまれない僕を慰めるためにも、みなさま万障繰り合わせておいでませ。というか、みんな見てるー!?おーい!ここだここだ!ここに人がいるぞ!

2017年7月28日金曜日

TRINCHセール夏だよTシャツ編2017のお知らせ


例によって例のごとくと言いますか、昨日からスタートしていたことにぜんぜん気づかず丸一日乗り遅れたばかりか、最近は詩人のしの字もないようなお知らせばかりしているような気がしないでもないですが、KBDGのグラフィックサイドであるTRINCHのTシャツが昨日から月曜までの5日間、全品1,000円OFFになります。たしか去年は500円OFFだったはず……!


TRINCH

対象期間:7月27日(木)15:00 〜 7月31日(月)23:59
割引額:Tシャツ1点につき1,000円OFF

それに先立って、Tシャツが裸の王様もびっくりの着心地にリニューアルしています。生地を厚めに、身ごろもゆったり、新しい色まで追加されたそうです。本来ならぜひともその感想をレポートしたいところですが、そんなことをしている間にセールの期間が終わってしまうのでしかたなくよくわからないままお知らせしております。

気づいたらTシャツだけで26点もありました。よりどりみどりです。


せっかくの機会なので、夜も明けきらぬ今朝がたに「鶏肋印」Tシャツを数点追加しています。


しかしTRINCHって何だっけ?と眉間にしわをお寄せになるのもムリはありません。小林大吾は周囲に人が見当たらないというたいへん切実な理由からグラフィックまで手がけざるを得なくなった詩人ですが、このグラフィックの側面のみをまるごと切り抜いて独立させたのがつまり、TRINCHです。基本的にはKBDGのことなどご存じなくとも楽しめるように配慮しつつ、アルバムをお持ちの方ならそのスピンオフとしてより一層お楽しみいただけます。せっかくなのでとりあえずズッキュン(商品画像の右上にあるハートマーク)だけでも100回くらい押しておいてください。

※前回同様、セール時のテキストをまるっとサンプリングしています