2017年2月10日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その261


アンドロメダ成分さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)


Q: 相手の言い分も自分の言い分も間違ってはいない時、自分はお互い様だと思うのですが、相手は相手の言い分を押し通そうとしてきます。自分が折れるべきなのでしょうか?


どこにでも転がっているわりに、これは考え出すとなかなか奥の深い問題です。

が、ここはひとまず「折れる必要はまったくない」とさきに結論を申しておきましょう。折れるべきではない、という意味ではありません。あくまで、その必要はないというだけです。それじゃ答えになってないよ、結局どうすべきなのとお思いでしょうが、僕が考える奥の深さとはまさしくここにあります。なんとなればこの問題は、1本の糸ではなく何本かが同時に絡まり合っているからです。

完全に等価といえる、2つの意見がここにあったとしましょう。どちらも間違っていないということは、つまりどちらにも納得できる理があるということです。どちらにも同じくらいの理があるとすれば、当然どちらを選んでもいいことになります。どちらを選んでもいいのであれば、相手に譲ったところで何ひとつ問題はないはずです。

しかし現実はこう単純にはいきません。というのも多くの場合、じぶんの意見のほうがよりベターであると信じているか、もしくは単純に相手に譲りたくないという気持ちが働くからです。そしてここには早くも色の異なる2本の糸が混在しています。言うなれば理性とエゴの2本ですね。絡まり合っていると先に書いたのは、理性に見せかけた無自覚のエゴである場合もまた、往々にしてあるからです。じぶんでじぶんをひっぱたくようなことを書いているような気もしますが、湿布でも貼りながらつづけましょう。

ちかごろは正しさということについてよく考えます。2つの意見があってどちらも間違っていないとき、それは言い換えればどちらも正しいということです。ですよね?どちらも等しく正しいのだとしたら、その選択は最終的に正しさ以外の理由によって決まるということです。はて、そうすると正しさとはいったい何だろう?どちらかというとそれは対立を前提とした武器や防具のひとつにすぎないのではないか?これが3本目の糸です。

理屈っぽいと昔からさんざん舌打ちされてきた僕が言うのもなんですが、どんな対立でもだいじなのは互いの気が済むにはどうしたらいいかであって、どちらに理があるかではありません。数多の異なる意見が混在する世界にあって一面的な正しさなどクソの役にも立たないし、それが理性を装ったエゴならなおさらです。というより、互いに妥協点を探り合ってどうにかこうにか辿り着いた地点こそ、間違っていないと断言できる唯一の答えであり、正しさと呼ぶにやぶさかでない何かだと僕はおもいます。

こうすべき、という考え方は言うまでもなく「正しさ」が前提です。しかし先にも書いたように正しさなどネット上で見かける「あなたは18歳以上ですか?YES/NO」ボタンと同じ程度の力しか持ちません。折れるべきではないと書かなかったのはそのためです。

冒頭の結論をもうすこし敷衍すると、「あなたの言い分はわかる。一方でわたしはこうおもう。ふたりがしぶしぶ認められる妥協点があるとすればどこだろう?」ということになるとおもいますが、とはいえ現実的にそんなまどろっこしいことはそうそうできません。したがってまずは絶対に譲りたくない部分をじぶんのなかではっきりさせておきましょう。その上で、いくつかのパターンを状況に応じて組み合わせるのがよいとおもいます。

1. あっさり折れる
2. とことんまでやり合う
3. ムチで打つ

つねに言い分を押し通してくる人というのは、じぶんの意見が通って当たり前だと考えているようなところがあります。したがってつねに折れるのではなく、ときに相手を立て、ときに問答無用でしなやかな一撃を喰らわし、硬軟を織り交ぜるのが肝心です。鞭は9本の革ひもを束ねたいわゆる九尾鞭(Cat o'Nine Tails)なんかがよいでしょう。

少なくとも1回ムチで打っておけば、その後はある程度の抑止力になります。「あ、これ以上はムチが飛んでくるな」と相手に思わせられるようになったらしめたものです。うまくするとある種の性的嗜好に目覚めて、より従順になってくれるかもしれません。


A: 引いたり押したりぶったりしてみることです。




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その262につづく!

2017年2月1日水曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その260


すきやばしジローラモさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)


Q: 先日某回転寿司に行った時、半熟たまご軍艦と言うものがあり頼んでみたところたまご好きな自分からするととても美味しく、他にもハンバーグ寿司などバラエティ豊富な寿司が沢山ありました。そこで質問なのですが、シャリの上に何か乗っていれば寿司として成立するのでしょうか?また、成立と考えるとシャリ寿司というシャリONシャリも成り立ちますか?ご回答お願い致します。


回転寿司もすっかりファミレスの一形態として定着しましたね。僕がちいさいころは駐車場付きの独立した店舗みたいのはまだほとんどなかったし、ネタもそれほど多くの種類はなかった気がするから、隔世の感があります。

初めてハンバーグの乗った寿司を見たのはたぶん、20年くらい前のことです。よりファミレス化が進んで、4人がけの家族シートみたいのができて、寿司といっしょにケーキが流れてくるようになったころでしょうか。こうして文章に書き出してみるといったい何を言ってるんだお前はという気がしてきますね。回転寿司とはつくづく異にしてエキセントリックなカルチャーです。

シャリ+X=寿司という公式が成り立つとすれば、もちろんシャリONシャリも寿司ということになりましょう。80年代に一世を風靡したゆうきまさみによる不朽の名作「究極超人あ〜る」にはたしか炊きたてのご飯におかゆをかけた「おかゆライス」が描かれていましたが、言ってみればそれと同じようなことです。コメ党ここに極まれりというかんじですね。

問題はシャリ+X=寿司という公式がはたして本当に成り立つかどうかです。たとえばメロンの切れ端やこんにゃく、もしくは豆腐なんかをシャリに乗せてみたとしましょう。見た目は立派に寿司です。味には賛否がありそうですが、見た目と食感がだいたい寿司ならそれはもう寿司と呼んでいいような気がします。

ではメロンやこんにゃくよりもはるかに味覚的なハードルが低そうな、ふりかけはどうだろうか?シャリにふりかけをぱらぱらと撒いて、寿司と言い張ることはできるだろうか?

味付け海苔はどうだろう?くるりと巻けば海苔巻きや軍艦巻きとして寿司の王道を彩るのだし、四角く切った海苔を1枚、フタみたいにシャリに乗せてもやっぱりそれは寿司になるだろうか?

否定はできません。しかし諸手を挙げて賛同できるかといったら、それはそれでまたちょっと微妙です。すくなくとも今日はお寿司ですよと言われて、ふりかけのまぶされた酢飯のかたまりが出てきたら僕は戸惑います。寿司は寿司かもしれないけれど、しかしそうまでして寿司と言い張る理由はなんなんだと問いたい。

したがって、「成り立たない」というのが僕の結論です。いいから魚介を食わせてくれよとおもいます。ケチャップで味をつけたシャリに卵焼きを乗せたらオムライスっぽい寿司ができるなとか、もうかれこれ2時間以上は寿司の限界について考えていますが、正直もううんざりです。だいたい寿司を食いに来てハンバーグ巻きってどういうことなんだ、ハンバーグ食いにいけばいいじゃないか。


A: 成り立ちません。


懐が広いのも良し悪しですよ、まったく。




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その261につづく!

2017年1月28日土曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その259



飛んで火に入るナスの牛さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)


Q: 生まれつきなので全く長所と思っていない肌の白さを他人から言われたとき、なんて返せばいいのかいまだに分かりません。褒められても疎まれても生まれつきだから以外言いようがないのですが、なにか上手い返しはありませんでしょうか?


おそらく太古の昔から、人はわかりきっていることをなぜか言わずにはおれない奇妙な生き物です。この時期なら「さむい」がその筆頭に挙げられましょう。似たような例としては「背が高いね」「髪が伸びたね」「人がめっちゃ並んでる」「(道が遠くて)まだ着かないのか……」などがあります。感嘆符みたいなものだから意味があるかといったらないんだけど、考えてみればわざわざ口に出して言わなくても見ればわかるようなことばかりです。でもなぜか口をついて出ます。人にはそもそもそういう習性があるということをまず心に留めておきましょう。要するに言う側はそこまで深く考えていない、ということですね。

僕もはじめてパフォーマンスをご覧になった方から、声の良さをお誉めに与ることがありますが、これも言われた本人が何ひとつそれに寄与していないという点では「肌が白い」と同じです。個人的な印象で言えば「日本は湿度が高いですね」と言われた日本列島それ自体のきもちに近いものがあります。

単なる体質のひとつであってべつに努力の成果でも何でもないから、謙遜もできません。といって、いただいた好意に「はあ、どうもそのようで」と他人事みたいなお返事をするわけにもいきません。なので好意であれば答えは自然と「ありがとうございます」一択にしぼられます。何かが目減りするでなし、もらえる好意はどうあれ素直に頂戴しておくのがいちばんです。

もちろん、ご質問にもあるように疎まれるケースもあるでしょう。望んで得たものでもないんだから正直「知るかよ」の一言でばっさり片付けてしまいたいところですが、無用な遺恨を残してもいけません。ここはひとつ、相手のチャームポイントをひとつ挙げることで相殺することにしましょう。目が大きいでもいいし、足が長いでもいいし、それこそ背が高くてうらやましいとかちっちゃくてかわいいとか何でもよろしい。お中元とかお歳暮のやりとりみたいなものです。

あるいはもっと単純に、冒頭で挙げた感嘆符のひとつにすぎない場合もあります。この場合はひとまず「そうなんですよね」と返しておきましょう。日本列島も湿度の高さを指摘されたら、たぶん同じように言うはずです。

もっとこう破壊力のある一打はないのかという向きには、もうすこしテクニカルな返し方もあります。なんと返していいのかわからないことを言われるのだから、同じようになんと返したらいいのかわからなくなるような返し方をすればいいのです。肌が白いことを言われるなら、たとえば「豆腐みたいですよね」と返すのもよいでしょう。もしかしたらふつうに肯定されたあげく殴り合いのケンカに発展するかもしれませんが、それはもうしようがないといえばしようがないので、後遺症がのこらない程度に加減してあげてください。


A: 「豆腐みたいですよね。」




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その260につづく!

2017年1月19日木曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その258

無断使用をします。

軟骨精神さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)世の荒波にコリコリと立ち向かう心持ちのことですね。


Q: 2ndアルバムを確か高校生時代に確かヴィレヴァン本店で聞いて以来、あれは誰だったんだろうなぁと思いながら行動に起こさずそこそこの年月が経って、今年の夏にようやく小林大吾さんであることを突き止めました。YouTubeって偉大。小林大吾さんは曲名も作者も分からないけど好きな曲ってありますか?


うれしいご報告です。辿り着いてくれてありがとう!のみならず年賀状キャンペーンのおかげでこうして双方向にやりとりができるんだから、いい時代になったものですね。僕の脳内では今、「火を絶やさずにおいてよかった」「10年前の2ndアルバムから何も変わってない」の両者が熾烈な争いを繰り広げていますが、放っておいてもそのうち「やるじゃねえか」「へへ、おまえもな」的な友情に発展するとおもうので、このまま好きにさせておきましょう。

とまあこんな具合でしみじみ感慨に耽りつつ、質問にお答えしようとキーを叩きかけてふとあることに気づいたのです。

どうやって突き止めたんだろう……?

音楽にかぎらず、検索にはキーワードが必要です。しかしタイトルも作者もわからないとなるととっかかりが何もありません。テレビで使われていればその番組なりCMから辿ることもできます。町中で耳にしたなら今はShazamなり何なりアプリで音声検索もできましょう。しかし日常生活においてKBDGの作品をたまたま耳にする機会など、放送事故レベルのアクシデントでも起きないかぎりまず皆無です。メロディをおぼえていればそれを糸口にすることもできるかもしれませんが、そもそもKBDGにはそのメロディすらありません。

あるいは「なんかラップみたいな、ごにょごにょ喋ってる感じのやつ」と言ったら選択肢はそう多くなさそうに見えますが、豈図らんや今この時代にはなんかラップみたいな、ごにょごにょ喋ってる感じのやつがそれこそ掃いて捨てるほどあります。どちらかといえば僕もたぶん、掃いて捨てられるほうです。

個人的な経験で言えば、曲名もアーティストもわからないけどとにかく歌詞が幼いというか乳くさいというか(拙い、とはちがいます)、そのしょうもない、思い出すだけで血管が切れる、シュレッダーで切り刻むくらいでは飽き足らず、燃やして灰にしてフッと吹き飛ばしてもまだぬるい、保育園あたりから出直してこい的な歌詞の一部を検索して突き止めたことはあります。そんなことするから余計に血管が切れるんだけど、要は歌詞の一部でも手がかりになるということです。しかしKBDGの異常な言葉数からして、おそらくそれも望めますまい。左とん平のヘイ・ユウ・ブルースみたいに「人生はすりこぎなんだよ!」とかそういう一度聴いたら二度と忘れられない最高のパンチラインをひとつでも残しておけたらよかったですね。



本題に戻りましょう。僕は昔から気になった曲があると即アルバムを探しにいく堪え性のない男だったので、知らずになんとなくそのままにしておいたことはほとんどありません。いきなりアルバムを買ってしまうと全体的にはそれほど好みでもないケースも往々にしてあるし、小遣いの範囲だからハズレたときのショックといったらないんだけど、そうやってすこしずつ、じぶんのなかにある音楽の裾野を広げていったようなところがあります。いやでも血肉になっていくというかね。

ただ1曲だけ、たしか中目黒の古着屋だったとおもいますが、店内に流れていたコーラスグループ系のキュンとしたモダンソウルが誰の何という曲だったのか、とにかくむちゃくちゃすてきな曲だったという印象だけが心の奥底でカビみたいに残されています。先にも延々と書き連ねましたが、この先どうにも調べようがないのです。そのときははっきりと、サビでタイトルっぽいフレーズを連呼していたので「ぜったいこれタイトルだ、あとで調べよう」と目論んでいたのに、気づいたらそのフレーズ自体を忘れてしまってまったく、手のつけようがありません。あれから何年もたっているし、ひょっとしてすでにそのレコードを持っているんじゃないかという気もします。それすら確かめようがないのです。

したがって、お答えとしてはひどく素っ気ないようですが、どうしてもこうなってしまいます。


A. あります。


しかしホントに、どうやって辿り着いたんでしょうね?




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その259につづく!

2017年1月13日金曜日

エクスクルーシブかつラグジュアリーで洗練を極めた表現のこと


ご存じないのも無理はありませんが、僕は詩人です。詩人なので、世界のあちこちで無造作に転がる言葉の数々を心のホウキとちりとりで日々せっせと掃き集めています。詩人は言葉の移り変わりにも敏感でないといけません。ら抜き言葉とかカタカナ語の氾濫とか、かくあれかし的な美しい日本語とかそういうアカデミックなことはもっとえらい人に丸投げするとして、僕がいま好んで採集しているのはたとえばマンションの広告です。


こういうやつですね。電車の中吊りとか、新聞の折り込みでときどき見かける広告ですが、とにかく単なる住まいではないこと、今までになく新しいこと、エクスクルーシブかつラグジュアリーで都会にふさわしく洗練を極めていること、したがって人生を委ねる高い価値がここにはある、といった点を過剰なまでに強調しているせいか、他所ではあまりお目にかからない単語やフレーズの実験場みたいなことになっているのです。

今までになくこれが最初であることを、今までにない言葉で表現した結果、生まれたのがたとえばこれです。




「発表」だけでも初めての新しい知らせを意味しているはずなので、これはおそらくそれよりもっと初めてでそんじょそこらの新しさではないことを指しているとおもわれます。たしかに新しいと唸るほかありません。

住まいがあくまでも実用的なものである以上、利便性が備わっているのは大前提です。したがって新しい住まいをアピールする上ではさらにプラスα、付加価値が重要なポイントになります。しかし付加価値と言っても閑静であるとか、緑豊かであるとか、景色がいいとかでは他の多くの物件に埋もれてしまいかねません。たとえ同じことであってもせめて感性に訴えるような表現で、他と差別化を図りたい。肉を売るにしても、「焼くとおいしい」と言われるよりは「肉汁したたる」と言われたほうが食欲をそそります。まったくもって無理のない、こうした表現メソッドを住環境にも適用した結果がこれです。

傑作ではないらしい




















言いたいことはなんとなくわかるけれども冷静に考えたら何を言っているのかちょっとよくわからないとおもわれるかもしれませんが、大事なのは贅沢な雰囲気であって意味のあるなしは問題ではありません。なんとなくいいかんじであるからこそ受け入れられ、支持され、定着しつつあるのだし、むしろこうした若干アウトローな表現をまるっと許容する日本語の懐の広さにこそ、敬意を表するべきです。何よりここには想像の余地がたっぷりとあります。然るべき風景が誰にとって然るべきかといったらそれはもちろん住む人であって、実際のところそれがどんな風景であるかなど提供する側の知ったことではありません。羨望を纏うと言われたらそれはつまり「みんなうらやましがるよ」ということであり、多少噛み合わせがわるくともそれが大人びたムードで伝わりさえすればいいのです。潤いの最前席なんて、聞くだけでマイナスイオンを浴びているような気になるじゃないですか?

またこうしたメソッドは、ごくごく当たり前のことを唯一無二の特別な印象に甦らせてくれたりもします。たとえばこれです。



なかでも僕がとくに気に入っているのがこれです。


それは……ふつうのことではないのか……?

と言いたくなるきもちはよくわかります。一見すると建築に携わる人がするべき仕事をしただけのような気がするのはたしかです。しかしそうではありません。どこがどうそうでないのかは説明できませんが、とにかくそうでないことだけははっきりしています。そして最終的には、そうでないことだけが伝わればそれでよいのです。

正しいとか間違ってるというより、全体的に眼鏡の度が合わなくてクラクラと酔う感じに似てるんだけど、何なんだろうこれ……

2017年1月10日火曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その257


もつれても好きな糸さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)


Q: 外見と内面の差でがっかりされることが多いです。もう少しおしとやかだと思ってた、もっと喋らないタイプかと思ってたなど、比較的地味で薄い顔立ちのせいか、先入観でがっかりされてしまいます。恋愛においてもですが、仕事などの場面でも強く言えば引くだろうとたかをくくられることが多いです。どうすれば見た目と中身の差でがっかりされたり、軽く見られることを減らせるでしょうか?もしくは、それをプラスに転じさせることができるでしょうか?


身につまされる質問です。そのお気持ちは僕もじつによくわかります。あんまりよくわかりすぎて、「ダイゴさんもそうですよね!?」と暗に同意を求められているような気がしてしまうくらいです。僕の場合は音源の印象がつよいせいか、「おもってたイメージとちがいました」みたいなことをよく言われます。それはもうしょっちゅうです。すくなくとも「イメージどおりでした!」と言われることはまずありません。たまには「おもってたよりずっとステキでした!」とちやほやされても罰は当たらないとおもうんだけど、そういえばそれもありません。なぜでしょうね?

とかく人は先入観を持って日々を行く生き物です。そしてそれは100%、持つ側の問題であって、持たれる側の問題ではありません。「もっと喋らないタイプかと思ってた」と言われても(これは僕もよく言われる)、知るかよとおもいます。なんでこっちがあんたの勝手なイメージに付き合わなくちゃいけないんだ?ということですね。

ひょっとすると、見た目とのギャップで損をしていると感じておられるのかもしれません。が、それはちがいます。強く言えば引くと高を括る人は、どこへ行っても強く言えば引くと高を括っているはずです。

同じように、見た目とのギャップでがっかりしたり、軽く見たりする人は見た目にかぎらずありとあらゆる機会をみつけてがっかりします。仮にこちらがイメージとのギャップを埋めてみても、またべつのタイミングで抜け目なくがっかりしてくるのです。問題は「軽く見られるじぶん」にあるのではなく、「軽く見る彼ら」にある、という点に注意しましょう。恋愛においてもとありますが、どうあれ先入観から相手を軽んじるような人であることがはっきりするなら、むしろギャップの大きい今のほうがよほど有益だと僕はおもいます。

それはまた、そのギャップをひっくるめて受け入れてくれる人ならまちがいない、ということでもあります。これがプラスでなくて何でしょう。落差を減らせば、却って軽んじる人かそうでないかの判断が難しくなるにちがいありません。それでもなお、落差を軽減するだけの甲斐はあるだろうか?

個人的なことを言えば、僕はギャップを好む男です。それも落差が大きければ大きいほど胸を射抜かれます。そこには大きな滝にも似た美しさがあると申し上げてもよいでしょう。ギアナ高地にあって世界一の高さを誇るエンジェルフォール(Angel Fall)という滝は、落差が大きすぎて水が地上まで届かず途中で霧になるそうですが、たとえるならそんな美しさです。いちいち軽んじてくるような奴らなど、そのてっぺんから「霧になれ」と尻を蹴飛ばしてやればよろしい。



とまあそんなようなことを一言でざっくりまとめると、「ほっとけ」になります。英語で言うと "Fuck 'em" です。それはじぶんの問題ではない、ということをどうかお忘れなく。


A: Fuck 'em.




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その258につづく!