2017年4月17日月曜日

桜っぽくないけどたしかに桜な桜の話

雨がふったりやんだりしながら、噴き出すように激しく咲いた染井吉野も葉桜におちついて、とおもったらまた薮から棒に初夏がきましたな。春の余韻もへったくれもない。今年の花見はみなさま抜かりなく済ませましたろうか。

染井吉野は葉桜でも、まだ八重桜があります。くっきりとして艶なその色は青い空にも映えて目を射るようです。桜にかぎらず色とりどりの花がほころぶこの季節なら、沈鬱な胸もすこしは軽くなりましょう。花が草や茎や葉と同じ緑色でなくてほんとうによかったとおもう。

花が緑色でないのはもちろん、植物ことごとくを緑色たらしめる葉緑体が、細胞の分化前に分解されているからです。ただ例外なくすべてというわけでもなくて、なかには葉緑体を保持したまま咲く花もあります。

惑星の地表を覆い尽くすほど多種にして多様な植物があるのだから例外の100や200に別段ふしぎもないけれど、じつは桜のなかにも花弁に葉緑体をもつ珍しい品種がふたつばかりあると聞いたら、それはさすがにちょっと意外で、新鮮な印象を持たれるのではありますまいか。

そのうちのひとつが「鬱金」と呼ばれる八重桜です。いわゆるサトザクラですね。



葉緑素まじりなので、ごくごく淡い黄色の花を咲かせます。かぎりなく白に近いとはいえ黄色い花をもつ桜は、数百種あると言われる桜の品種のなかで唯一、この鬱金だけです。

ググると日本に数十本しかないというような記述が出てきますが、どういうわけか近所のちいさな児童公園に1本あります。というか、僕が初めて鬱金を見たのはこの公園です。

もっと言うと、年がら年中クルマがばんばん往来する新宿あたりの都道(山手通り)沿いにも2本あります。バイクでブーンとしばらく行き過ぎてから「あれ?いまの鬱金じゃなかったか?」と気づいて前転しそうな急ブレーキをかけ、わざわざ確かめに戻ったのでまちがいありません。街路樹じゃねえか!

ただ、数十本しかないという話が本当かどうかはさておくとしても、あまりみかけないのはたしかだし、淡い黄色がすこしずつ薄紅色へと変化していくところとかもう、とにかくかわいいの一言に尽きます。

明治神宮のお隣、代々木公園にも2本あって今が満開です。どこにあると書いてあるわけではないので、お近くのかたはてくてく歩き回りながら探してみてね。

多くの桜が散るころほころびはじめる、八重にも粋があるよというお話。

これは代々木公園


なんだかすごく一般的なブログっぽいことを書いた気がするな。

いや、一般的なブログなんだけど。

2017年4月9日日曜日

ポンカンのポンとポン酢のポンとポンジュースのポンについての釈然としない話

これはデコポン

ひょんなことから、というかまあこの場合はポンなことからと申すのが妥当だとおもいますが、ポンとは何かという話になったのです。すっぽんのぽんやすっぽんぽんのぽん、お腹を表すぽんぽんのぽんではありません。ポンはポンでもポンカンとかポン酢とかポンジュースのポンのほうです。

ポンカンは柑橘の一種だし、ポン酢は柑橘をつかった調味料だし、ポンジュースはみかんのジュースなのだから、このポンが柑橘に関係していることはまず疑いありません。しかしなぜポンなのか?

ひと昔前であれば図書館で厖大な資料を調べたり愛媛の農家を訪ねたりえひめ飲料に問い合わせたりしなければならず、首をひねるだけひねった挙げ句その面倒くささにさじを投げて放ったらかすところですが、今はググれば世の中のたいていのことが誰か匿名の親切な人によって説明されています。インターネットは虚実の境目がきわめて曖昧である点をふまえても、やはりググらない手はありません。というか、こういうどうでもいい疑問はそっけない事実より虚実ないまぜのほうがよっぽど好ましいので、むしろおあつらえ向きと申せましょう。

まずはポンカンです。わりと自明の語源までこと細かに記されているので、ずっと読んでいると「だいじなのは語源であって単語ではない」とすらおもえてくる語源由来辞典というサイトには、この爽やかな果実についてこうあります。


のっけからいきなりこじつけみたいなことが書かれていておもわず眉間にしわが寄るようです。インドのプーナが中国にきてピェンになり、それが日本にくるとポンになる、ははあなるほど、と素直に頷ける気がまったくしないけれども、しかし話としてはこれくらいねじくれていたほうがぶつくさ言いやすいので、これはこれでなるほどと受け止めることにしておきましょう。ポンカンのポンはインド西部の地名、プーナの訛です。外国の土地と野菜が合わさる点ではジャガイモみたいなものですね。

次はポン酢です。ポンカンのポンがプーナならポン酢のポンもプーナであるほうが自然な気がしないでもないですが、早合点はいけません。何から何まで書いてあるので鵜呑みにはできないけれども薄めて飲むにはちょうどいい現代のジャイアント百科事典ウィキペディアには、ポン酢についてこう書いてあります。


驚いたことに、ここには先とは別のポンが持ち出されています。数えきれないほどの言葉が氾濫するなかで、おなじ柑橘系の単語にまったく関係のない別のポンが割り当てられる確率の低さを考えると、やはり眉間にしわが寄るようです。しかし古オランダ語の「pons」に、酸味があるから酢の字を当てるというのは、プーナよりもはるかに自然でスマートな気もします。説得力で言ったらこっちのほうが上です。個人的にはポンカンのぽんもこっちでいいとおもう。というか、告白すると僕はポン酢だとおもっていたものがじつは「ポン酢醤油」であったことにショックを受けています。

立ちくらみをこらえて先に進みましょう。最後はポンジュースのポンです。ここまでくると先に言及したポン酢のポン、すなわち古いオランダ語が元になっていると考えるのが順当におもえますが、やはり早合点はいけません。ポンジュースの製造元であるえひめ飲料のホームページにはその歴史が当時の写真とともに記されています。


茫然自失とはこのことです。匿名性が低いぶん情報の信頼度としてはもっとも高いだけに、なおのこと言葉を失わずにはいられません。

この理屈で言うと、仮にリンゴであってもポンジュースだったことになります。むしろリンゴとかブドウとかのほうがよっぽど素直に「へえーそうだったのか」と感心していたはずです。なぜ柑橘に奇妙な縁をもつポンの2文字をよりによってみかんジュースにつけてしまうんだ!

したがってにわかには信じ難いことですが、結論としては同じ柑橘系である3つの単語についた「ポン」はどれも互いに一切の関係がない、ということになります。

でも、そんなことってあるだろうか……?もしこれが本当に偶然なのだとしたら、それは別々に無人島へと流れ着いた3人の男の名がたまたま全員「よしお」だったというくらいの確率になるはずです。ぜんぜん違うような気もしますが、要は「そんな馬鹿な」と言いたいだけなので細かいことはあまり気にしないでよろしい。

こうなるとポンの2音には何か窺い知れない大きなひみつ、もしくは呪詛にも似た言霊のような意味が隠されているような気がしてなりません。切っても切っても縁の切れない柑橘類とポンの2音を、いったい何がこれほどまで強固に結びつけているのか?時空を超えた因縁、もしくは怨念がそこには秘められているのではないか?ええい、そうだったらいいのに!

と夢見る春の日曜日です。

なぜそろいもそろってポンなのか、すっきりしたいとおもって向き合ったのに根本的な謎が却って深まるとはまったく、異なことであると申さねばなりますまい。

2017年4月4日火曜日

帰ってきたのに出遅れたTRINCHセールのお知らせ

あまりに時間がないので去年のエントリをぬけぬけと丸ごとコピーしますけれども、ともあれ今年も帰ってまいりました。TRINCHの商品が月曜の正午(昨日じゃないか)から1週間、全品500円OFFになります。


TRINCH

対象期間:4月3日(月)12:00 〜 4月10日(月)23:59
割引額:1点につき500円OFF

いま気づきましたが、期間が去年の倍です。太っ腹!

また、近所で建築中だったよその人の一戸建てがぶじ完成したらしいことを記念して、去年期間限定のTRINCH別館でお目見えしたデザインとその他数点を追加しています。


うむ、そいつァお得で耳寄りだ、しかしTRINCHって何だっけ?と眉間にしわをお寄せになるのもムリはありません。小林大吾は周囲に人が見当たらないというたいへん切実な理由からグラフィックまで手がけざるを得なくなった詩人ですが、このグラフィックの側面のみをまるごと切り抜いて独立させたのがつまり、TRINCHです。基本的にはKBDGのことなどご存じなくとも楽しめるように配慮しつつ、アルバムをお持ちの方ならそのスピンオフとしてより一層お楽しみいただけます。せっかくなのでとりあえずズッキュン(商品画像の右上にあるハートマーク)だけでも100回くらい押しておいてください。


2017年3月18日土曜日

番号をお確かめの上もう一度おかけ直しください


全国に100人は下らない(当社比)とおもわれるKBDGファンのみなさま、こんにちは。(10年前からするとずいぶん増えました)

これだけ間が空いたあとの更新なのだから、前向きなお知らせにちがいない、というか十中八九オントローロのことだろうとおもいきやさにあらず、しかし「また来年!」と笑顔で手を振りながらその後しれっと8ヶ月も放置していた昨年の例もあることだし、そのへんはニコニコと笑顔で脇に寄せておきましょう。その代わりと言ってはなんですが、ふだんライブに対してあまり、というかまったく積極的でない、むしろ消極的な姿勢を積極的に維持しようとする僕にとってはそれこそ四葉のクローバーより珍しいお知らせがございます。

オファーをいただいたときは、何かのまちがいではありませんか、僕はサッカーも上手くないし北川景子も会ったことないし、ダイゴと言ってもそのへんに転がる小石と大差ないほうのダイゴですよ、番号をお確かめの上もう一度おかけ直しください的なかんじでずいぶん食い下がったのですが、いえまちがいではありません、なぜなら仲間のひとりが東京にいたころ、オントローロにお邪魔したことがあるからです、と案外なことを仰います。どう考えてみてもオントローロという6文字になじみのあるダイゴと言ったら世界広しといえども僕ひとりしかおりません。そんなわけで人違いですとも言い張れず、5月は香川の廃校に参ります。

土曜、日曜と2日にわたって行われる麗らかなフェスだそうです。高校生以下は無料ですって!


<廃校グルーヴ2017>

【日時】
2017年5月13日(土)11:00~18:00 、【夜の部】18:30~22:00
2017年5月14日(日)11:00~20:00

【場所】香川県高松市塩江町上西甲77番地 モモの広場
※高松駅から臨時のシャトルバスが出るそうです

【チケット】2日券11,000円、1日券各日6,000円、13日夜の部券3,000円
※13日夜の部は「2日券」、または「13日の1日券」、または「13日夜の部券」をお持ちの方のみ入場可能

【出演アーティスト】
13日:原田茶飯事、カネコアヤノ(NEW)、Saigenji、柴田聡子、樽木栄一郎
13日夜の部:小林大吾、成山剛(sleepy.ab)、13日出演アーティストによるスペシャルプログラム
14日:阿佐ヶ谷ロマンティクス(NEW)、OLDE WORLDE、ハシケントリオ、Lamp、ラッキーオールドサン(NEW)
出演日未定:エキサイト中條(NEW)

【主催】:香川廃校グルーヴ実行委員会
【公式サイト】:http://kagawa-groove.com
【お問い合わせ】:kagawagroove※gmail.com(※を@に替えてね)


僕はえーと、13日の土曜、夜の部ですね。すこし伺ったところでは豪華出演陣によるその夜かぎりのファンタスティックなセッションのあと、「えー、宴もたけなわではございますが……」というところでおもむろに登場することになるようです。「え……誰あのおっさん……」とみなさまの困惑する様子が今から目に浮かびます。先におわび申し上げておこうとおもいますが、盛り上がりのところ本当に申し訳ありません。

そういえば数ヶ月前、フェスに出たいと話すMother Terecoのふたりに「へえーフェスに出たいとか、考えたことないよ」と迷わず返したことをふとおもいだしました。人生何があるかわかったもんじゃないですね。ほんとに。


2017年2月25日土曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その262


ヨークシャー照れ屋さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)イングランド北部に住む照れ屋のことですね。


Q: 寂しがり癖を抑える方法があったら教えてください。さしてお酒が好きでも強くもないくせに、寂しいからという理由でついつい飲みに行ってしまい、このまま行くとお財布と体がすかすかになりそうで心配です。


なるほど、好きでも強くもないのに飲みにいってしまう、というのはこれはもう正真正銘、まじりっけなしの寂しがりですね。

しかし人付き合いがそれほど気楽に感じられない少数の人々からすると、それは社交性が高いことの裏返しでもあります。ひょっとするとお気づきでないかもしれませんが、立派な長所のひとつです。財布が空っぽになるくらいいいじゃないかとおもいます。僕なんか飲みもしないのにいつも空っぽですよ。

とはいえ、さして好きでも強くもないのに、というのはさすがにちょっと気の毒な気もします。体にも負担がかかるし、できればほどほどに楽しみたいですよね。お酒をほどほどに嗜める社交的な人というのはそのどちらも持ち合わせない僕にとっては憧れというか天敵というか、近くにいたら舌打ちせずにはいられないタイプのひとつですが、そのへんはまあむにゃむにゃとお茶を濁しておきましょう。

おもうに寂しさとは、静まり返ると聞こえてくる鼓動のひとつです。その鼓動が激しい人もいれば、かすかな人もいます。僕なんかは微弱すぎて心電図が直線のままぴくりとも反応しないレベルです。

鼓動はいつでも鳴っていますが、いつでも聞こえるわけではありません。ふだん聞こえないのは、あれをしたりこれをしたりする意識のノイズに紛れているからです。したがって、鼓動を遮断したかったらあれをしたりこれをしたりするのがいちばんということになります。没頭する趣味のある人が寂しさを口にすることはほとんどないはずです。

では趣味を持てという話かというと、そうでもありません。要は意識に隙を見せなければよいのです。常に誰かに追われたりとか、あとはPVを観ながらニッキー・ミナージュの "Super Bass" を完コピしたりするのもいいですね。



参考までに、イギリスの美少女がこの "Super Bass" を完コピして世界を熱狂の渦に巻きこんだ有名な動画がこちらです。



これと同じくらいのレベルに達するころには、かなりいろんなことがどうでもよくなっているはずです。すくなくとも寂しさの鼓動が鳴りをひそめているのはまちがいありません。


A: ニッキー・ミナージュの"Super Bass"をマスターしましょう。


ちなみに僕はソフィアよりも隣で踊っているロージーのほうが好きです。




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その263につづく!

2017年2月10日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その261


アンドロメダ成分さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がなんとなくつけています)


Q: 相手の言い分も自分の言い分も間違ってはいない時、自分はお互い様だと思うのですが、相手は相手の言い分を押し通そうとしてきます。自分が折れるべきなのでしょうか?


どこにでも転がっているわりに、これは考え出すとなかなか奥の深い問題です。

が、ここはひとまず「折れる必要はまったくない」とさきに結論を申しておきましょう。折れるべきではない、という意味ではありません。あくまで、その必要はないというだけです。それじゃ答えになってないよ、結局どうすべきなのとお思いでしょうが、僕が考える奥の深さとはまさしくここにあります。なんとなればこの問題は、1本の糸ではなく何本かが同時に絡まり合っているからです。

完全に等価といえる、2つの意見がここにあったとしましょう。どちらも間違っていないということは、つまりどちらにも納得できる理があるということです。どちらにも同じくらいの理があるとすれば、当然どちらを選んでもいいことになります。どちらを選んでもいいのであれば、相手に譲ったところで何ひとつ問題はないはずです。

しかし現実はこう単純にはいきません。というのも多くの場合、じぶんの意見のほうがよりベターであると信じているか、もしくは単純に相手に譲りたくないという気持ちが働くからです。そしてここには早くも色の異なる2本の糸が混在しています。言うなれば理性とエゴの2本ですね。絡まり合っていると先に書いたのは、理性に見せかけた無自覚のエゴである場合もまた、往々にしてあるからです。じぶんでじぶんをひっぱたくようなことを書いているような気もしますが、湿布でも貼りながらつづけましょう。

ちかごろは正しさということについてよく考えます。2つの意見があってどちらも間違っていないとき、それは言い換えればどちらも正しいということです。ですよね?どちらも等しく正しいのだとしたら、その選択は最終的に正しさ以外の理由によって決まるということです。はて、そうすると正しさとはいったい何だろう?どちらかというとそれは対立を前提とした武器や防具のひとつにすぎないのではないか?これが3本目の糸です。

理屈っぽいと昔からさんざん舌打ちされてきた僕が言うのもなんですが、どんな対立でもだいじなのは互いの気が済むにはどうしたらいいかであって、どちらに理があるかではありません。数多の異なる意見が混在する世界にあって一面的な正しさなどクソの役にも立たないし、それが理性を装ったエゴならなおさらです。というより、互いに妥協点を探り合ってどうにかこうにか辿り着いた地点こそ、間違っていないと断言できる唯一の答えであり、正しさと呼ぶにやぶさかでない何かだと僕はおもいます。

こうすべき、という考え方は言うまでもなく「正しさ」が前提です。しかし先にも書いたように正しさなどネット上で見かける「あなたは18歳以上ですか?YES/NO」ボタンと同じ程度の力しか持ちません。折れるべきではないと書かなかったのはそのためです。

冒頭の結論をもうすこし敷衍すると、「あなたの言い分はわかる。一方でわたしはこうおもう。ふたりがしぶしぶ認められる妥協点があるとすればどこだろう?」ということになるとおもいますが、とはいえ現実的にそんなまどろっこしいことはそうそうできません。したがってまずは絶対に譲りたくない部分をじぶんのなかではっきりさせておきましょう。その上で、いくつかのパターンを状況に応じて組み合わせるのがよいとおもいます。

1. あっさり折れる
2. とことんまでやり合う
3. ムチで打つ

つねに言い分を押し通してくる人というのは、じぶんの意見が通って当たり前だと考えているようなところがあります。したがってつねに折れるのではなく、ときに相手を立て、ときに問答無用でしなやかな一撃を喰らわし、硬軟を織り交ぜるのが肝心です。鞭は9本の革ひもを束ねたいわゆる九尾鞭(Cat o'Nine Tails)なんかがよいでしょう。

少なくとも1回ムチで打っておけば、その後はある程度の抑止力になります。「あ、これ以上はムチが飛んでくるな」と相手に思わせられるようになったらしめたものです。うまくするとある種の性的嗜好に目覚めて、より従順になってくれるかもしれません。


A: 引いたり押したりぶったりしてみることです。




質問はいまも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その262につづく!